万葉集2104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2104番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2104番について

歌番号

2104番

原文

朝<杲>|朝露負|咲雖云|暮陰社|咲益家礼

訓読

朝顔は朝露負ひて咲くといへど夕影にこそ咲きまさりけれ

かな読み

あさがほは|あさつゆおひて|さくといへど|ゆふかげにこそ|さきまさりけれ

カタカナ読み

アサガホハ|アサツユオヒテ|サクトイヘド|ユフカゲニコソ|サキマサリケレ

ローマ字読み|大文字

ASAGAHOHA|ASATSUYUOHITE|SAKUTOIHEDO|YUFUKAGENIKOSO|SAKIMASARIKERE

ローマ字読み|小文字

asagahoha|asatsuyuohite|sakutoihedo|yufukagenikoso|sakimasarikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|叙景

校異

果->杲【元】【紀】

寛永版本

あさがほは,[寛]あさかほは,
あさつゆおひて[寛],
さくといへど,[寛]さくといへと,
ゆふかげにこそ,[寛]ゆふかけにこそ,
さきまさりけれ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました