万葉集2123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2123番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2123番について

歌番号

2123番

原文

吾待之|秋者来奴|雖然|芽子之花曽毛|未開家類

訓読

我が待ちし秋は来たりぬしかれども萩の花ぞもいまだ咲かずける

かな読み

わがまちし|あきはきたりぬ|しかれども|はぎのはなぞも|いまださかずける

カタカナ読み

ワガマチシ|アキハキタリヌ|シカレドモ|ハギノハナゾモ|イマダサカズケル

ローマ字読み|大文字

WAGAMACHISHI|AKIHAKITARINU|SHIKAREDOMO|HAGINOHANAZOMO|IMADASAKAZUKERU

ローマ字読み|小文字

wagamachishi|akihakitarinu|shikaredomo|haginohanazomo|imadasakazukeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがまちし,[寛]わかまちし,
あきはきたりぬ[寛],
しかれども,[寛]しかれとも,
はぎのはなぞも,[寛]はきのはなそも,
いまださかずける,[寛]またまかすける,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました