万葉集1999番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1999番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1999番について

歌番号

1999番

原文

朱羅引|色妙子|數見者|人妻故|吾可戀奴

訓読

赤らひく色ぐはし子をしば見れば人妻ゆゑに我れ恋ひぬべし

かな読み

あからひく|いろぐはしこを|しばみれば|ひとづまゆゑに|あれこひぬべし

カタカナ読み

アカラヒク|イログハシコヲ|シバミレバ|ヒトヅマユヱニ|アレコヒヌベシ

ローマ字読み|大文字

AKARAHIKU|IROGUHASHIKO|SHIBAMIREBA|HITOZUMAYUENI|AREKOHINUBESHI

ローマ字読み|小文字

akarahiku|iroguhashiko|shibamireba|hitozumayueni|arekohinubeshi

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あからひく[寛],
いろぐはしこを,[寛]しきたへのこを,
しばみれば,[寛]しはみれは,
ひとづまゆゑに,[寛]ひとつまこゑに,
あれこひぬべし,[寛]われこひぬへし,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました