万葉集1848番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1848番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1848番について

歌番号

1848番

原文

山際尓|雪者零管|然為我二|此河楊波|毛延尓家留可聞

訓読

山の際に雪は降りつつしかすがにこの川楊は萌えにけるかも

かな読み

やまのまに|ゆきはふりつつ|しかすがに|このかはやぎは|もえにけるかも

カタカナ読み

ヤマノマニ|ユキハフリツツ|シカスガニ|コノカハヤギハ|モエニケルカモ

ローマ字読み|大文字

YAMANOMANI|YUKIHAFURITSUTSU|SHIKASUGANI|KONOKAHAYAGIHA|MOENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamanomani|yukihafuritsutsu|shikasugani|konokahayagiha|moenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節|叙景

校異

特に無し

寛永版本

やまのまに,[寛]やまのはに,
ゆきはふりつつ[寛],
しかすがに,[寛]しかすかに,
このかはやぎは,[寛]このかはやなきは,
もえにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました