万葉集2103番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2103番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2103番について

歌番号

2103番

原文

秋風|冷成<奴|馬>並而|去来於野行奈|芽子花見尓

訓読

秋風は涼しくなりぬ馬並めていざ野に行かな萩の花見に

かな読み

あきかぜは|すずしくなりぬ|うまなめて|いざのにゆかな|はぎのはなみに

カタカナ読み

アキカゼハ|スズシクナリヌ|ウマナメテ|イザノニユカナ|ハギノハナミニ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZEHA|SUZUSHIKUNARINU|UMANAMETE|IZANONIYUKANA|HAGINOHANAMINI

ローマ字読み|小文字

akikazeha|suzushikunarinu|umanamete|izanoniyukana|haginohanamini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

駑->奴馬【元】【類】【紀】

寛永版本

あきかぜは,[寛]あきかせは,
すずしくなりぬ,[寛]すすしくなりぬ,
うまなめて[寛],
いざのにゆかな,[寛]いさのにゆかな,
はぎのはなみに,[寛]はきのはなみに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました