万葉集2268番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2268番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2268番について

歌番号

2268番

原文

左小<壮>鹿之|小野<之>草伏|灼然|吾不問尓|人乃知良久

訓読

さを鹿の小野の草伏いちしろく我がとはなくに人の知れらく

かな読み

さをしかの|をののくさぶし|いちしろく|わがとはなくに|ひとのしれらく

カタカナ読み

サヲシカノ|ヲノノクサブシ|イチシロク|ワガトハナクニ|ヒトノシレラク

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|ONONOKUSABUSHI|ICHISHIROKU|WAGATOHANAKUNI|HITONOSHIRERAKU

ローマ字読み|小文字

saoshikano|ononokusabushi|ichishiroku|wagatohanakuni|hitonoshireraku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|動物|秘密

校異

牡->壮【定本】|->之【類】【紀】

寛永版本

さをしかの[寛],
をののくさぶし,[寛]をののくさふし,
いちしろく[寛],
わがとはなくに,[寛]わかとはさるに,
ひとのしれらく,[寛]ひとのしるらく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました