万葉集2192番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2192番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2192番について

歌番号

2192番

原文

吾背兒我|白細衣|徃觸者|應染毛|黄變山可聞

訓読

我が背子が白栲衣行き触ればにほひぬべくももみつ山かも

かな読み

わがせこが|しろたへころも|ゆきふれば|にほひぬべくも|もみつやまかも

カタカナ読み

ワガセコガ|シロタヘコロモ|ユキフレバ|ニホヒヌベクモ|モミツヤマカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|SHIROTAHEKOROMO|YUKIFUREBA|NIHOHINUBEKUMO|MOMITSUYAMAKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|shirotahekoromo|yukifureba|nihohinubekumo|momitsuyamakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
しろたへころも[寛],
ゆきふれば,[寛]ゆきふれは,
にほひぬべくも,[寛]うつりぬへくも,
もみつやまかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました