万葉集2303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2303番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2303番について

歌番号

2303番

原文

秋夜乎|長跡雖言|積西|戀盡者|短有家里

訓読

秋の夜を長しと言へど積もりにし恋を尽せば短くありけり

かな読み

あきのよを|ながしといへど|つもりにし|こひをつくせば|みじかくありけり

カタカナ読み

アキノヨヲ|ナガシトイヘド|ツモリニシ|コヒヲツクセバ|ミジカクアリケリ

ローマ字読み|大文字

AKINOYO|NAGASHITOIHEDO|TSUMORINISHI|KOHIOTSUKUSEBA|MIJIKAKUARIKERI

ローマ字読み|小文字

akinoyo|nagashitoihedo|tsumorinishi|kohiotsukuseba|mijikakuarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あきのよを[寛],
ながしといへど,[寛]なかしといへと,
つもりにし[寛],
こひをつくせば,[寛]こひをつくせは,
みじかくありけり,[寛]みしかかりけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました