万葉集2235番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2235番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2235番について

歌番号

2235番

原文

秋田苅|客乃廬入尓|四具礼零|我袖沾|干人無二

訓読

秋田刈る旅の廬りにしぐれ降り我が袖濡れぬ干す人なしに

かな読み

あきたかる|たびのいほりに|しぐれふり|わがそでぬれぬ|ほすひとなしに

カタカナ読み

アキタカル|タビノイホリニ|シグレフリ|ワガソデヌレヌ|ホスヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

AKITAKARU|TABINOIHORINI|SHIGUREFURI|WAGASODENURENU|HOSUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

akitakaru|tabinoihorini|shigurefuri|wagasodenurenu|hosuhitonashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

あきたかる[寛],
たびのいほりに,[寛]たひのいほりに,
しぐれふり,[寛]しくれふり,
わがそでぬれぬ,[寛]わかそてぬれぬ,
ほすひとなしに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました