万葉集2071番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2071番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2071番について

歌番号

2071番

原文

天河|足沾渡|君之手毛|未枕者|夜之深去良久

訓読

天の川なづさひ渡る君が手もいまだまかねば夜の更けぬらく

かな読み

あまのがは|なづさひわたる|きみがても|いまだまかねば|よのふけぬらく

カタカナ読み

アマノガハ|ナヅサヒワタル|キミガテモ|イマダマカネバ|ヨノフケヌラク

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|NAZUSAHIWATARU|KIMIGATEMO|IMADAMAKANEBA|YONOFUKENURAKU

ローマ字読み|小文字

amanogaha|nazusahiwataru|kimigatemo|imadamakaneba|yonofukenuraku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
なづさひわたる,[寛]あしぬれわたる,
きみがても,[寛]きみかても,
いまだまかねば,[寛]いまたまかねは,
よのふけぬらく,[寛]よのふけぬらし,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました