万葉集2131番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2131番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2131番について

歌番号

2131番

原文

左小<壮>鹿之|妻問時尓|月乎吉三|切木四之泣所聞|今時来等霜

訓読

さを鹿の妻どふ時に月をよみ雁が音聞こゆ今し来らしも

かな読み

さをしかの|つまどふときに|つきをよみ|かりがねきこゆ|いましくらしも

カタカナ読み

サヲシカノ|ツマドフトキニ|ツキヲヨミ|カリガネキコユ|イマシクラシモ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|TSUMADOFUTOKINI|TSUKIOYOMI|KARIGANEKIKOYU|IMASHIKURASHIMO

ローマ字読み|小文字

saoshikano|tsumadofutokini|tsukioyomi|kariganekikoyu|imashikurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

牡->壮【定本万葉集】

寛永版本

さをしかの[寛],
つまどふときに,[寛]つまとふときに,
つきをよみ[寛],
かりがねきこゆ,[寛]かりかねきこゆ,
いましくらしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました