万葉集2187番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2187番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2187番について

歌番号

2187番

原文

妹之袖|巻来乃山之|朝露尓|仁寶布黄葉之|散巻惜裳

訓読

妹が袖巻来の山の朝露ににほふ黄葉の散らまく惜しも

かな読み

いもがそで|まききのやまの|あさつゆに|にほふもみちの|ちらまくをしも

カタカナ読み

イモガソデ|マキキノヤマノ|アサツユニ|ニホフモミチノ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

IMOGASODE|MAKIKINOYAMANO|ASATSUYUNI|NIHOFUMOMICHINO|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

imogasode|makikinoyamano|asatsuyuni|nihofumomichino|chiramakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|地名|枕詞|植物|季節

校異

巻【元】【類】(塙)莫

寛永版本

いもがそで,[寛]いもかてそ,
まききのやまの[寛],
あさつゆに[寛],
にほふもみちの,[寛]にほふもみちの,
ちらまくをしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました