万葉集2320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2320番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2320番について

歌番号

2320番

原文

吾袖尓|零鶴雪毛|流去而|妹之手本|伊行觸<粳>

訓読

我が袖に降りつる雪も流れ行きて妹が手本にい行き触れぬか

かな読み

わがそでに|ふりつるゆきも|ながれゆきて|いもがたもとに|いゆきふれぬか

カタカナ読み

ワガソデニ|フリツルユキモ|ナガレユキテ|イモガタモトニ|イユキフレヌカ

ローマ字読み|大文字

WAGASODENI|FURITSURUYUKIMO|NAGAREYUKITE|IMOGATAMOTONI|IYUKIFURENUKA

ローマ字読み|小文字

wagasodeni|furitsuruyukimo|nagareyukite|imogatamotoni|iyukifurenuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|恋愛

校異

糠->粳【元】【類】

寛永版本

わがそでに,[寛]わかそてに,
ふりつるゆきも[寛],
ながれゆきて,[寛]なからへて,
いもがたもとに,[寛]いもかたもとに,
いゆきふれぬか[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました