万葉集2142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2142番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2142番について

歌番号

2142番

原文

左男<壮>鹿之|妻整登|鳴音之|将至極|靡芽子原

訓読

さを鹿の妻ととのふと鳴く声の至らむ極み靡け萩原

かな読み

さをしかの|つまととのふと|なくこゑの|いたらむきはみ|なびけはぎはら

カタカナ読み

サヲシカノ|ツマトトノフト|ナクコヱノ|イタラムキハミ|ナビケハギハラ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|TSUMATOTONOFUTO|NAKUKOENO|ITARAMUKIHAMI|NABIKEHAGIHARA

ローマ字読み|小文字

saoshikano|tsumatotonofuto|nakukoeno|itaramukihami|nabikehagihara

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物

校異

牡->壮【元】

寛永版本

さをしかの[寛],
つまととのふと[寛],
なくこゑの[寛],
いたらむきはみ,[寛]いたらむかきり,
なびけはぎはら,[寛]なひけはきはら,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました