万葉集2277番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2277番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2277番について

歌番号

2277番

原文

左小<壮>鹿之|入野乃為酢寸|初尾花|何時<加>|妹之<手将>枕

訓読

さを鹿の入野のすすき初尾花いづれの時か妹が手まかむ

かな読み

さをしかの|いりののすすき|はつをばな|いづれのときか|いもがてまかむ

カタカナ読み

サヲシカノ|イリノノススキ|ハツヲバナ|イヅレノトキカ|イモガテマカム

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|IRINONOSUSUKI|HATSUOBANA|IZURENOTOKIKA|IMOGATEMAKAMU

ローマ字読み|小文字

saoshikano|irinonosusuki|hatsuobana|izurenotokika|imogatemakamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|地名|動物|植物

校異

牡->壮【類】|如->加【元】【紀】【温】|将手->手将【元】【類】【紀】

寛永版本

さをしかの[寛],
いりののすすき,[寛]いるののすすき,
はつをばな,[寛]はつをはな,
いづれのときか,[寛]いつしかいもか,
いもがてまかむ,[寛]いもかたまくらにせむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました