万葉集2003番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2003番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2003番について

歌番号

2003番

原文

吾等戀|丹穂面|今夕母可|天漢原|石枕巻

訓読

我が恋ふる丹のほの面わこよひもか天の川原に石枕まく

かな読み

あがこふる|にのほのおもわ|こよひもか|あまのかはらに|いしまくらまく

カタカナ読み

アガコフル|ニノホノオモワ|コヨヒモカ|アマノカハラニ|イシマクラマク

ローマ字読み|大文字

AGAKOFURU|NINOHONOMOWA|KOYOHIMOKA|AMANOKAHARANI|ISHIMAKURAMAKU

ローマ字読み|小文字

agakofuru|ninohonomowa|koyohimoka|amanokaharani|ishimakuramaku

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あがこふる,[寛]わかこふる,
にのほのおもわ,[寛]にのほのおもは,
こよひもか[寛],
あまのかはらに[寛],
いしまくらまく,[寛]いそまくらまく,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました