万葉集2291番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2291番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2291番について

歌番号

2291番

原文

朝開|夕者消流|鴨頭草<乃>|可消戀毛|吾者為鴨

訓読

朝咲き夕は消ぬる月草の消ぬべき恋も我れはするかも

かな読み

あしたさき|ゆふへはけぬる|つきくさの|けぬべきこひも|あれはするかも

カタカナ読み

アシタサキ|ユフヘハケヌル|ツキクサノ|ケヌベキコヒモ|アレハスルカモ

ローマ字読み|大文字

ASHITASAKI|YUFUHEHAKENURU|TSUKIKUSANO|KENUBEKIKOHIMO|AREHASURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashitasaki|yufuhehakenuru|tsukikusano|kenubekikohimo|arehasurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

->乃【元】【古】【紀】

寛永版本

あしたさき[寛],
ゆふへはけぬる[寛],
つきくさの[寛],
けぬべきこひも,[寛]けぬへきこひも,
あれはするかも,[寛]われはするかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました