万葉集2114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2114番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2114番について

歌番号

2114番

原文

吾屋外尓|殖生有|秋芽子乎|誰標刺|吾尓不所知

訓読

我が宿に植ゑ生ほしたる秋萩を誰れか標刺す我れに知らえず

かな読み

わがやどに|うゑおほしたる|あきはぎを|たれかしめさす|われにしらえず

カタカナ読み

ワガヤドニ|ウヱオホシタル|アキハギヲ|タレカシメサス|ワレニシラエズ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|UEOHOSHITARU|AKIHAGIO|TAREKASHIMESASU|WARENISHIRAEZU

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|ueohoshitaru|akihagio|tarekashimesasu|warenishiraezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
うゑおほしたる[寛],
あきはぎを,[寛]あきはきを,
たれかしめさす[寛],
われにしらえず,[寛]われにしらせて,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました