万葉集1884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1884番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1884番について

歌番号

1884番

原文

寒過|暖来者|年月者|雖新有|人者舊去

訓読

冬過ぎて春し来れば年月は新たなれども人は古りゆく

かな読み

ふゆすぎて|はるしきたれば|としつきは|あらたなれども|ひとはふりゆく

カタカナ読み

フユスギテ|ハルシキタレバ|トシツキハ|アラタナレドモ|ヒトハフリユク

ローマ字読み|大文字

FUYUSUGITE|HARUSHIKITAREBA|TOSHITSUKIHA|ARATANAREDOMO|HITOHAFURIYUKU

ローマ字読み|小文字

fuyusugite|harushikitareba|toshitsukiha|aratanaredomo|hitohafuriyuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|移ろ媿|問答

校異

特に無し

寛永版本

ふゆすぎて,[寛]ふゆすきて,
はるしきたれば,[寛]はるしきぬれは,
としつきは[寛],
あらたなれども,[寛]あらたまれとも,
ひとはふりゆく[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました