万葉集2138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2138番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2138番について

歌番号

2138番

原文

多頭我鳴乃|今朝鳴奈倍尓|鴈鳴者|何處指香|雲隠良<武>

訓読

鶴がねの今朝鳴くなへに雁がねはいづくさしてか雲隠るらむ

かな読み

たづがねの|けさなくなへに|かりがねは|いづくさしてか|くもがくるらむ

カタカナ読み

タヅガネノ|ケサナクナヘニ|カリガネハ|イヅクサシテカ|クモガクルラム

ローマ字読み|大文字

TAZUGANENO|KESANAKUNAHENI|KARIGANEHA|IZUKUSASHITEKA|KUMOGAKURURAMU

ローマ字読み|小文字

tazuganeno|kesanakunaheni|kariganeha|izukusashiteka|kumogakururamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

哉->武【元】【類】【紀】

寛永版本

たづがねの,[寛]たつかねの,
けさなくなへに[寛],
かりがねは,[寛]かりかねは,
いづくさしてか,[寛]いつこさしてか,
くもがくるらむ,[寛]くもかくるらむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました