万葉集2172番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2172番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2172番について

歌番号

2172番

原文

吾屋戸之|麻花押靡|置露尓|手觸吾妹兒|落巻毛将見

訓読

我が宿の尾花押しなべ置く露に手触れ我妹子散らまくも見む

かな読み

わがやどの|をばなおしなべ|おくつゆに|てふれわぎもこ|ちらまくもみむ

カタカナ読み

ワガヤドノ|ヲバナオシナベ|オクツユニ|テフレワギモコ|チラマクモミム

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|OBANAOSHINABE|OKUTSUYUNI|TEFUREWAGIMOKO|CHIRAMAKUMOMIMU

ローマ字読み|小文字

wagayadono|obanaoshinabe|okutsuyuni|tefurewagimoko|chiramakumomimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
をばなおしなべ,[寛]をはなおしなみ,
おくつゆに[寛],
てふれわぎもこ,[寛]てふれわきもこ,
ちらまくもみむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました