万葉集1851番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1851番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1851番について

歌番号

1851番

原文

青柳之|絲乃細紗|春風尓|不乱伊間尓|令視子裳欲得

訓読

青柳の糸のくはしさ春風に乱れぬい間に見せむ子もがも

かな読み

あをやぎの|いとのくはしさ|はるかぜに|みだれぬいまに|みせむこもがも

カタカナ読み

アヲヤギノ|イトノクハシサ|ハルカゼニ|ミダレヌイマニ|ミセムコモガモ

ローマ字読み|大文字

AOYAGINO|ITONOKUHASHISA|HARUKAZENI|MIDARENUIMANI|MISEMUKOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

aoyagino|itonokuhashisa|harukazeni|midarenuimani|misemukomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あをやぎの,[寛]あをやきの,
いとのくはしさ,[寛]いとのほそさを,
はるかぜに,[寛]はるかせに,
みだれぬいまに,[寛]みたれすいまに,
みせむこもがも,[寛]みせむこもかな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました