万葉集2094番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2094番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2094番について

歌番号

2094番

原文

竿志鹿之|心相念|秋芽子之|<鍾>礼零丹|落僧惜毛

訓読

さを鹿の心相思ふ秋萩のしぐれの降るに散らくし惜しも

かな読み

さをしかの|こころあひおもふ|あきはぎの|しぐれのふるに|ちらくしをしも

カタカナ読み

サヲシカノ|ココロアヒオモフ|アキハギノ|シグレノフルニ|チラクシヲシモ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|KOKOROAHIOMOFU|AKIHAGINO|SHIGURENOFURUNI|CHIRAKUSHIOSHIMO

ローマ字読み|小文字

saoshikano|kokoroahiomofu|akihagino|shigurenofuruni|chirakushioshimo

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|動物|植物|季節

校異

鐘->鍾【紀】

寛永版本

さをしかの[寛],
こころあひおもふ[寛],
あきはぎの,[寛]あきはきの,
しぐれのふるに,[寛]しくれのふるに,
ちらくしをしも,[寛]ちりそふをしも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました