万葉集2213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2213番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2213番について

歌番号

2213番

原文

比者之|五更露尓|吾屋戸乃|秋之芽子原|色付尓家里

訓読

このころの暁露に我が宿の秋の萩原色づきにけり

かな読み

このころの|あかときつゆに|わがやどの|あきのはぎはら|いろづきにけり

カタカナ読み

コノコロノ|アカトキツユニ|ワガヤドノ|アキノハギハラ|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

KONOKORONO|AKATOKITSUYUNI|WAGAYADONO|AKINOHAGIHARA|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

konokorono|akatokitsuyuni|wagayadono|akinohagihara|irozukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

このころの[寛],
あかときつゆに,[寛]あかつきつゆに,
わがやどの,[寛]わかやとの,
あきのはぎはら,[寛]あきのはきはら,
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました