万葉集2032番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2032番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2032番について

歌番号

2032番

原文

一年邇|七夕耳|相人之|戀毛不<過>者|夜深徃久毛|[一云|不盡者|佐宵曽明尓来]

訓読

一年に七日の夜のみ逢ふ人の恋も過ぎねば夜は更けゆくも|[一云|尽きねばさ夜ぞ明けにける]

かな読み

ひととせに|なぬかのよのみ|あふひとの|こひもすぎねば|よはふけゆくも|[つきねば|さよぞあけにける]

カタカナ読み

ヒトトセニ|ナヌカノヨノミ|アフヒトノ|コヒモスギネバ|ヨハフケユクモ|[ツキネバ|サヨゾアケニケル]

ローマ字読み|大文字

HITOTOSENI|NANUKANOYONOMI|AFUHITONO|KOHIMOSUGINEBA|YOHAFUKEYUKUMO|[TSUKINEBA|SAYOZOAKENIKERU]

ローマ字読み|小文字

hitotoseni|nanukanoyonomi|afuhitono|kohimosugineba|yohafukeyukumo|[tsukineba|sayozoakenikeru]

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

遏->過【元】【類】【紀】

寛永版本

ひととせに[寛],
なぬかのよのみ[寛],
あふひとの[寛],
こひもすぎねば,[寛]こひもつきねは,
よはふけゆくも[寛],
[つきねば,[寛]つきねは,
さよぞあけにける],[寛]さよそあけにける,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました