万葉集2248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2248番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2248番について

歌番号

2248番

原文

秋田<苅>|借廬作|五目入為而|有藍君S|将見依毛欲<得>

訓読

秋田刈る仮廬を作り廬りしてあるらむ君を見むよしもがも

かな読み

あきたかる|かりいほをつくり|いほりして|あるらむきみを|みむよしもがも

カタカナ読み

アキタカル|カリイホヲツクリ|イホリシテ|アルラムキミヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

AKITAKARU|KARIIHOTSUKURI|IHORISHITE|ARURAMUKIMIO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

akitakaru|kariihotsukuri|ihorishite|aruramukimio|mimuyoshimogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

田【元】【類】【紀】山|S->苅【万葉考】|将->得【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

あきたかる,[寛]あきのたを,
かりいほをつくり,[寛]かりいほつくり,
いほりして[寛],
あるらむきみを[寛],
みむよしもがも,[寛]みむよしもかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました