万葉集1868番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1868番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1868番について

歌番号

1868番

原文

川津鳴|吉野河之|瀧上乃|馬酔之花會|置末勿動

訓読

かはづ鳴く吉野の川の滝の上の馬酔木の花ぞはしに置くなゆめ

かな読み

かはづなく|よしののかはの|たきのうへの|あしびのはなぞ|はしにおくなゆめ

カタカナ読み

カハヅナク|ヨシノノカハノ|タキノウヘノ|アシビノハナゾ|ハシニオクナユメ

ローマ字読み|大文字

KAHAZUNAKU|YOSHINONOKAHANO|TAKINOHENO|ASHIBINOHANAZO|HASHINIOKUNAYUME

ローマ字読み|小文字

kahazunaku|yoshinonokahano|takinoheno|ashibinohanazo|hashiniokunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|吉野|地名|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

かはづなく,[寛]かはつなく,
よしののかはの[寛],
たきのうへの[寛],
あしびのはなぞ,[寛]あしひのはなそ,
はしにおくなゆめ,[寛]をくにまもなき,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました