万葉集2017番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2017番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2017番について

歌番号

2017番

原文

戀敷者|氣長物乎|今谷|乏<之>牟可哉|可相夜谷

訓読

恋ひしくは日長きものを今だにもともしむべしや逢ふべき夜だに

かな読み

こひしくは|けながきものを|いまだにも|ともしむべしや|あふべきよだに

カタカナ読み

コヒシクハ|ケナガキモノヲ|イマダニモ|トモシムベシヤ|アフベキヨダニ

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKUHA|KENAGAKIMONO|IMADANIMO|TOMOSHIMUBESHIYA|AFUBEKIYODANI

ローマ字読み|小文字

kohishikuha|kenagakimono|imadanimo|tomoshimubeshiya|afubekiyodani

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

->之【元】【紀】

寛永版本

こひしくは,[寛]こひしけは,
けながきものを,[寛]けなかきものを,
いまだにも,[寛]いまたにも,
ともしむべしや,[寛]ともしむへしや,
あふべきよだに,[寛]あふへきよたに,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました