万葉集2082番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2082番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2082番について

歌番号

2082番

原文

天漢|河門八十有|何尓可|君之三船乎|吾待将居

訓読

天の川川門八十ありいづくにか君がみ舟を我が待ち居らむ

かな読み

あまのがは|かはとやそあり|いづくにか|きみがみふねを|わがまちをらむ

カタカナ読み

アマノガハ|カハトヤソアリ|イヅクニカ|キミガミフネヲ|ワガマチヲラム

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|KAHATOYASOARI|IZUKUNIKA|KIMIGAMIFUNEO|WAGAMACHIORAMU

ローマ字読み|小文字

amanogaha|kahatoyasoari|izukunika|kimigamifuneo|wagamachioramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
かはとやそあり[寛],
いづくにか,[寛]いつこにか,
きみがみふねを,[寛]きみかみふねを,
わがまちをらむ,[寛]わかまちをらむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました