万葉集2200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2200番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2200番について

歌番号

2200番

原文

九月|白露負而|足日木乃|山之将黄變|見幕下吉

訓読

九月の白露負ひてあしひきの山のもみたむ見まくしもよし

かな読み

ながつきの|しらつゆおひて|あしひきの|やまのもみたむ|みまくしもよし

カタカナ読み

ナガツキノ|シラツユオヒテ|アシヒキノ|ヤマノモミタム|ミマクシモヨシ

ローマ字読み|大文字

NAGATSUKINO|SHIRATSUYUOHITE|ASHIHIKINO|YAMANOMOMITAMU|MIMAKUSHIMOYOSHI

ローマ字読み|小文字

nagatsukino|shiratsuyuohite|ashihikino|yamanomomitamu|mimakushimoyoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|枕詞|季節|植物

校異

特に無し

寛永版本

ながつきの,[寛]なかつきの,
しらつゆおひて[寛],
あしひきの[寛],
やまのもみたむ,[寛]やまのもみちむ,
みまくしもよし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました