万葉集2050番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2050番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2050番について

歌番号

2050番

原文

明日従者|吾玉床乎|打拂|公常不宿|孤可母寐

訓読

明日よりは我が玉床をうち掃ひ君と寐ねずてひとりかも寝む

かな読み

あすよりは|あがたまどこを|うちはらひ|きみといねずて|ひとりかもねむ

カタカナ読み

アスヨリハ|アガタマドコヲ|ウチハラヒ|キミトイネズテ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

ASUYORIHA|AGATAMADOKO|UCHIHARAHI|KIMITOINEZUTE|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

asuyoriha|agatamadoko|uchiharahi|kimitoinezute|hitorikamonemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あすよりは[寛],
あがたまどこを,[寛]わかたまゆかを,
うちはらひ[寛],
きみといねずて,[寛]きみとはゑすて,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました