万葉集2149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2149番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2149番について

歌番号

2149番

原文

山邊庭|薩雄乃<祢>良比|恐跡|小<壮>鹿鳴成|妻之眼乎欲焉

訓読

山辺にはさつ男のねらひ畏けどを鹿鳴くなり妻が目を欲り

かな読み

やまへには|さつをのねらひ|かしこけど|をしかなくなり|つまがめをほり

カタカナ読み

ヤマヘニハ|サツヲノネラヒ|カシコケド|ヲシカナクナリ|ツマガメヲホリ

ローマ字読み|大文字

YAMAHENIHA|SATSUONONERAHI|KASHIKOKEDO|OSHIKANAKUNARI|TSUMAGAMEOHORI

ローマ字読み|小文字

yamaheniha|satsuononerahi|kashikokedo|oshikanakunari|tsumagameohori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

尓->祢【元】【矢】【京】|牡->壮【元】【類】

寛永版本

やまへには[寛],
さつをのねらひ[寛],
かしこけど,[寛]おそるれと,
をしかなくなり[寛],
つまがめをほり,[寛]つまのめをほり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました