万葉集2096番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2096番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2096番について

歌番号

2096番

原文

真葛原|名引秋風|<毎吹>|阿太乃大野之|芽子花散

訓読

真葛原靡く秋風吹くごとに阿太の大野の萩の花散る

かな読み

まくずはら|なびくあきかぜ|ふくごとに|あだのおほのの|はぎのはなちる

カタカナ読み

マクズハラ|ナビクアキカゼ|フクゴトニ|アダノオホノノ|ハギノハナチル

ローマ字読み|大文字

MAKUZUHARA|NABIKUAKIKAZE|FUKUGOTONI|ADANOHONONO|HAGINOHANACHIRU

ローマ字読み|小文字

makuzuhara|nabikuakikaze|fukugotoni|adanohonono|haginohanachiru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|五条市|地名|植物|季節

校異

吹毎->毎吹【元】【類】

寛永版本

まくずはら,[寛]まくすはら,
なびくあきかぜ,[寛]なひくあきかせ,
ふくごとに,[寛]ふくことに,
あだのおほのの,[寛]あたのおほのの,
はぎのはなちる,[寛]はきのはなちる,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました