万葉集1878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1878番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1878番について

歌番号

1878番

原文

今徃而|聞物尓毛我|明日香川|春雨零而|瀧津湍音乎

訓読

今行きて聞くものにもが明日香川春雨降りてたぎつ瀬の音を

かな読み

いまゆきて|きくものにもが|あすかがは|はるさめふりて|たぎつせのおとを

カタカナ読み

イマユキテ|キクモノニモガ|アスカガハ|ハルサメフリテ|タギツセノオトヲ

ローマ字読み|大文字

IMAYUKITE|KIKUMONONIMOGA|ASUKAGAHA|HARUSAMEFURITE|TAGITSUSENOTO

ローマ字読み|小文字

imayukite|kikumononimoga|asukagaha|harusamefurite|tagitsusenoto

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|飛鳥|地名|望郷

校異

特に無し

寛永版本

いまゆきて[寛],
きくものにもが,[寛]きくものにもか,
あすかがは,[寛]あすかかは,
はるさめふりて[寛],
たぎつせのおとを,[寛]たきつせのおとを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました