万葉集2023番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2023番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2023番について

歌番号

2023番

原文

左尼始而|何太毛不在者|白栲|帶可乞哉|戀毛不<過>者

訓読

さ寝そめていくだもあらねば白栲の帯乞ふべしや恋も過ぎねば

かな読み

さねそめて|いくだもあらねば|しろたへの|おびこふべしや|こひもすぎねば

カタカナ読み

サネソメテ|イクダモアラネバ|シロタヘノ|オビコフベシヤ|コヒモスギネバ

ローマ字読み|大文字

SANESOMETE|IKUDAMOARANEBA|SHIROTAHENO|OBIKOFUBESHIYA|KOHIMOSUGINEBA

ローマ字読み|小文字

sanesomete|ikudamoaraneba|shirotaheno|obikofubeshiya|kohimosugineba

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

遏->過【元】【類】【紀】

寛永版本

さねそめて[寛],
いくだもあらねば,[寛]いくたもあらねは,
しろたへの[寛],
おびこふべしや,[寛]おひこふへしや,
こひもすぎねば,[寛]こひもつきねは,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました