万葉集2128番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2128番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2128番について

歌番号

2128番

原文

秋風尓|山跡部越|鴈鳴者|射矢遠放|雲隠筒

訓読

秋風に大和へ越ゆる雁がねはいや遠ざかる雲隠りつつ

かな読み

あきかぜに|やまとへこゆる|かりがねは|いやとほざかる|くもがくりつつ

カタカナ読み

アキカゼニ|ヤマトヘコユル|カリガネハ|イヤトホザカル|クモガクリツツ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENI|YAMATOHEKOYURU|KARIGANEHA|IYATOHOZAKARU|KUMOGAKURITSUTSU

ローマ字読み|小文字

akikazeni|yamatohekoyuru|kariganeha|iyatohozakaru|kumogakuritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

あきかぜに,[寛]あきかせに,
やまとへこゆる,[寛]やまとひこゆる,
かりがねは,[寛]かりかねは,
いやとほざかる,[寛]いやとほさかる,
くもがくりつつ,[寛]くもかくれつつ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました