万葉集1855番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1855番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1855番について

歌番号

1855番

原文

櫻花|時者雖不過|見人之|戀盛常|今之将落

訓読

桜花時は過ぎねど見る人の恋ふる盛りと今し散るらむ

かな読み

さくらばな|ときはすぎねど|みるひとの|こふるさかりと|いましちるらむ

カタカナ読み

サクラバナ|トキハスギネド|ミルヒトノ|コフルサカリト|イマシチルラム

ローマ字読み|大文字

SAKURABANA|TOKIHASUGINEDO|MIRUHITONO|KOFURUSAKARITO|IMASHICHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

sakurabana|tokihasuginedo|miruhitono|kofurusakarito|imashichiruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

さくらばな,[寛]さくらはな,
ときはすぎねど,[寛]ときはすきねと,
みるひとの[寛],
こふるさかりと,[寛]こひのさかりと,
いましちるらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました