万葉集1872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1872番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1872番について

歌番号

1872番

原文

見渡者|春日之野邊尓|霞立|開艶者|櫻花鴨

訓読

見わたせば春日の野辺に霞立ち咲きにほへるは桜花かも

かな読み

みわたせば|かすがののへに|かすみたち|さきにほへるは|さくらばなかも

カタカナ読み

ミワタセバ|カスガノノヘニ|カスミタチ|サキニホヘルハ|サクラバナカモ

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|KASUGANONOHENI|KASUMITACHI|SAKINIHOHERUHA|SAKURABANAKAMO

ローマ字読み|小文字

miwataseba|kasuganonoheni|kasumitachi|sakinihoheruha|sakurabanakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|植物|季節|叙景

校異

特に無し

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
かすがののへに,[寛]かすかののへに,
かすみたち[寛],
さきにほへるは[寛],
さくらばなかも,[寛]さくらはなかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました