万葉集2261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2261番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2261番について

歌番号

2261番

原文

泊瀬風|如是吹三更者|及何時|衣片敷|吾一将宿

訓読

泊瀬風かく吹く宵はいつまでか衣片敷き我がひとり寝む

かな読み

はつせかぜ|かくふくよひは|いつまでか|ころもかたしき|わがひとりねむ

カタカナ読み

ハツセカゼ|カクフクヨヒハ|イツマデカ|コロモカタシキ|ワガヒトリネム

ローマ字読み|大文字

HATSUSEKAZE|KAKUFUKUYOHIHA|ITSUMADEKA|KOROMOKATASHIKI|WAGAHITORINEMU

ローマ字読み|小文字

hatsusekaze|kakufukuyohiha|itsumadeka|koromokatashiki|wagahitorinemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|初瀬|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はつせかぜ,[寛]はつせかせ,
かくふくよひは,[寛]かくふくよはは,
いつまでか,[寛]いつまてか,
ころもかたしき[寛],
わがひとりねむ,[寛]わかひとりねむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました