万葉集2141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2141番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2141番について

歌番号

2141番

原文

比日之|秋朝開尓|霧隠|妻呼雄鹿之|音之亮左

訓読

このころの秋の朝明に霧隠り妻呼ぶ鹿の声のさやけさ

かな読み

このころの|あきのあさけに|きりごもり|つまよぶしかの|こゑのさやけさ

カタカナ読み

コノコロノ|アキノアサケニ|キリゴモリ|ツマヨブシカノ|コヱノサヤケサ

ローマ字読み|大文字

KONOKORONO|AKINOASAKENI|KIRIGOMORI|TSUMAYOBUSHIKANO|KOENOSAYAKESA

ローマ字読み|小文字

konokorono|akinoasakeni|kirigomori|tsumayobushikano|koenosayakesa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

このころの[寛],
あきのあさけに[寛],
きりごもり,[寛]きりかくれ,
つまよぶしかの,[寛]つまよふしかの,
こゑのさやけさ,[寛]こゑのはるけさ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました