万葉集1858番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1858番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1858番について

歌番号

1858番

原文

打細尓|鳥者雖<不>喫|縄延|守巻欲寸|梅花鴨

訓読

うつたへに鳥は食まねど縄延へて守らまく欲しき梅の花かも

かな読み

うつたへに|とりははまねど|なははへて|もらまくほしき|うめのはなかも

カタカナ読み

ウツタヘニ|トリハハマネド|ナハハヘテ|モラマクホシキ|ウメノハナカモ

ローマ字読み|大文字

UTSUTAHENI|TORIHAHAMANEDO|NAHAHAHETE|MORAMAKUHOSHIKI|UMENOHANAKAMO

ローマ字読み|小文字

utsutaheni|torihahamanedo|nahahahete|moramakuhoshiki|umenohanakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|植物|比喩|恋情

校異

子->不【元】【類】【紀】

寛永版本

うつたへに[寛],
とりははまねど,[寛]とりははまねと,
なははへて,[寛]しめはへて,
もらまくほしき[寛],
うめのはなかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました