万葉集1879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1879番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1879番について

歌番号

1879番

原文

春日野尓|煙立所見|D嬬等四|春野之菟芽子|採而煮良思文

訓読

春日野に煙立つ見ゆ娘子らし春野のうはぎ摘みて煮らしも

かな読み

かすがのに|けぶりたつみゆ|をとめらし|はるののうはぎ|つみてにらしも

カタカナ読み

カスガノニ|ケブリタツミユ|ヲトメラシ|ハルノノウハギ|ツミテニラシモ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|KEBURITATSUMIYU|OTOMERASHI|HARUNONOHAGI|TSUMITENIRASHIMO

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|keburitatsumiyu|otomerashi|harunonohagi|tsumitenirashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|植物|野遊び

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
けぶりたつみゆ,[寛]けふりたつみゆ,
をとめらし[寛],
はるののうはぎ,[寛]はるののをはき,
つみてにらしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました