万葉集2004番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2004番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2004番について

歌番号

2004番

原文

己攦|乏子等者|竟津|荒礒巻而寐|君待難

訓読

己夫にともしき子らは泊てむ津の荒礒巻きて寝む君待ちかてに

かな読み

おのづまに|ともしきこらは|はてむつの|ありそまきてねむ|きみまちかてに

カタカナ読み

オノヅマニ|トモシキコラハ|ハテムツノ|アリソマキテネム|キミマチカテニ

ローマ字読み|大文字

ONOZUMANI|TOMOSHIKIKORAHA|HATEMUTSUNO|ARISOMAKITENEMU|KIMIMACHIKATENI

ローマ字読み|小文字

onozumani|tomoshikikoraha|hatemutsuno|arisomakitenemu|kimimachikateni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

おのづまに,[寛]おのかつま,
ともしきこらは[寛],
はてむつの,[寛]あらそひつ,
ありそまきてねむ,[寛]あらいそまきて,
きみまちかてに,[寛]ねまくまちかね,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました