万葉集1835番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1835番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1835番について

歌番号

1835番

原文

今更|雪零目八方|蜻火之|燎留春部常|成西物乎

訓読

今さらに雪降らめやもかぎろひの燃ゆる春へとなりにしものを

かな読み

いまさらに|ゆきふらめやも|かぎろひの|もゆるはるへと|なりにしものを

カタカナ読み

イマサラニ|ユキフラメヤモ|カギロヒノ|モユルハルヘト|ナリニシモノヲ

ローマ字読み|大文字

IMASARANI|YUKIFURAMEYAMO|KAGIROHINO|MOYURUHARUHETO|NARINISHIMONO

ローマ字読み|小文字

imasarani|yukifurameyamo|kagirohino|moyuruharuheto|narinishimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|季節

校異

特に無し

寛永版本

いまさらに[寛],
ゆきふらめやも[寛],
かぎろひの,[寛]かけろふの,
もゆるはるへと,[寛]もゆるはるひと,
なりにしものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました