万葉集1842番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1842番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1842番について

歌番号

1842番

原文

除雪而|梅莫戀|足曳之|山片就而|家居為流君

訓読

雪をおきて梅をな恋ひそあしひきの山片付きて家居せる君

かな読み

ゆきをおきて|うめをなこひそ|あしひきの|やまかたづきて|いへゐせるきみ

カタカナ読み

ユキヲオキテ|ウメヲナコヒソ|アシヒキノ|ヤマカタヅキテ|イヘヰセルキミ

ローマ字読み|大文字

YUKIOKITE|UMEONAKOHISO|ASHIHIKINO|YAMAKATAZUKITE|IHEISERUKIMI

ローマ字読み|小文字

yukiokite|umeonakohiso|ashihikino|yamakatazukite|iheiserukimi

左注|左註

右二首問答

事項|分類・ジャンル

春雑歌|問答|植物

校異

特に無し

寛永版本

ゆきをおきて[寛],
うめをなこひそ[寛],
あしひきの[寛],
やまかたづきて,[寛]やまかたつきて,
いへゐせるきみ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました