万葉集2167番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2167番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2167番について

歌番号

2167番

原文

秋野之|草花我末|鳴<百舌>鳥|音聞濫香|片聞吾妹

訓読

秋の野の尾花が末に鳴くもずの声聞きけむか片聞け我妹

かな読み

あきののの|をばながうれに|なくもずの|こゑききけむか|かたきけわぎも

カタカナ読み

アキノノノ|ヲバナガウレニ|ナクモズノ|コヱキキケムカ|カタキケワギモ

ローマ字読み|大文字

AKINONONO|OBANAGAURENI|NAKUMOZUNO|KOEKIKIKEMUKA|KATAKIKEWAGIMO

ローマ字読み|小文字

akinonono|obanagaureni|nakumozuno|koekikikemuka|katakikewagimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物

校異

舌百->百舌【類】|濫【元】【類】【紀】(塙)監

寛永版本

あきののの[寛],
をばながうれに,[寛]をはなかすゑに,
なくもずの,[寛]なくもすの,
こゑききけむか,[寛]こゑきくらむか,
かたきけわぎも,[寛]かたきくわかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました