万葉集1853番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1853番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1853番について

歌番号

1853番

原文

梅花|取持見者|吾屋前之|柳乃眉師|所念可聞

訓読

梅の花取り持ち見れば我が宿の柳の眉し思ほゆるかも

かな読み

うめのはな|とりもちみれば|わがやどの|やなぎのまよし|おもほゆるかも

カタカナ読み

ウメノハナ|トリモチミレバ|ワガヤドノ|ヤナギノマヨシ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|TORIMOCHIMIREBA|WAGAYADONO|YANAGINOMAYOSHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|torimochimireba|wagayadono|yanaginomayoshi|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|恋情

校異

持【元】【類】【紀】持而

寛永版本

うめのはな[寛],
とりもちみれば,[寛]とりもちみれは,
わがやどの,[寛]わかやとの,
やなぎのまよし,[寛]やなきのまゆし,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました