万葉集2144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2144番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2144番について

歌番号

2144番

原文

鴈来|芽子者散跡|左小<壮>鹿之|鳴成音毛|裏觸丹来

訓読

雁は来ぬ萩は散りぬとさを鹿の鳴くなる声もうらぶれにけり

かな読み

かりはきぬ|はぎはちりぬと|さをしかの|なくなるこゑも|うらぶれにけり

カタカナ読み

カリハキヌ|ハギハチリヌト|サヲシカノ|ナクナルコヱモ|ウラブレニケリ

ローマ字読み|大文字

KARIHAKINU|HAGIHACHIRINUTO|SAOSHIKANO|NAKUNARUKOEMO|URABURENIKERI

ローマ字読み|小文字

karihakinu|hagihachirinuto|saoshikano|nakunarukoemo|uraburenikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌動物|植物|季節

校異

牡->壮【元】

寛永版本

かりはきぬ[寛],
はぎはちりぬと,[寛]はきはちりぬと,
さをしかの[寛],
なくなるこゑも,[寛]なくなるこえも,
うらぶれにけり,[寛]うらふれにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました