万葉集2280番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2280番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2280番について

歌番号

2280番

原文

芽子花|咲有乎見者|君不相|真毛久二|成来鴨

訓読

萩の花咲けるを見れば君に逢はずまことも久になりにけるかも

かな読み

はぎのはな|さけるをみれば|きみにあはず|まこともひさに|なりにけるかも

カタカナ読み

ハギノハナ|サケルヲミレバ|キミニアハズ|マコトモヒサニ|ナリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HAGINOHANA|SAKERUOMIREBA|KIMINIAHAZU|MAKOTOMOHISANI|NARINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

haginohana|sakeruomireba|kiminiahazu|makotomohisani|narinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はぎのはな,[寛]はきのはな,
さけるをみれば,[寛]さけるをみれは,
きみにあはず,[寛]きみにあはて,
まこともひさに[寛],
なりにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました