万葉集1880番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1880番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1880番について

歌番号

1880番

原文

春日野之|淺茅之上尓|念共|遊今日|忘目八方

訓読

春日野の浅茅が上に思ふどち遊ぶ今日の日忘らえめやも

かな読み

かすがのの|あさぢがうへに|おもふどち|あそぶけふのひ|わすらえめやも

カタカナ読み

カスガノノ|アサヂガウヘニ|オモフドチ|アソブケフノヒ|ワスラエメヤモ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONO|ASAJIGAUHENI|OMOFUDOCHI|ASOBUKEFUNOHI|WASURAEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

kasuganono|asajigauheni|omofudochi|asobukefunohi|wasuraemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|野遊び|宴席

校異

特に無し

寛永版本

かすがのの,[寛]かすかのの,
あさぢがうへに,[寛]あさちかうへに,
おもふどち,[寛]おもふとち,
あそぶけふのひ,[寛]あそふけふをは,
わすらえめやも,[寛]わすられめやも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました